地球環境/ニュース

地球温暖化は嘘?氷河期が来る?温暖化に関する疑問を解説

地球温暖化の危機が叫ばれ、将来的には南極や北極の氷が溶けるとも言われていますが、近年の大寒波や大雪のニュースをみると、温暖化ではなく氷河期が来るのではないかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

世界の年平均気温の上昇についてと地球温暖化が嘘と言われる理由、地球温暖化に対する世界の取り組みについて解説します。

世界の年平均気温は上昇している

温度計

地球温暖化の影響で年々気温が高くなっていると言われていますが、実際にはどれくらい温暖化が進んでいるのでしょうか。以下のグラフは世界の年平均気温と平年値(1991年〜2020年の30年の平均値)との差を表したものです。

世界の平均気温の推移
出典元:気象庁|世界の平均気温

グラフを見ると変動を繰り返しながら年々上昇し続けていることが分かります。特に1990年半ば以降は高温となる年が多く、着実に地球温暖化が進んでいるといえるでしょう。

地球温暖化は嘘?氷河期が来る?といわれる理由

嘘

地球温暖化が嘘だと言われる理由に、「気温の上昇とCO2の因果関係が分からない」「大寒波や大雪など寒冷化を感じさせる現象が起きている」があげられます。

地球温暖化と叫ばれているにも関わらず、大寒波や大雪が増えていることを疑問に感じるのも無理はありません。

ここからは、気温の上昇とCO2の因果関係や、温暖化に向かうのか寒冷化に向かうのかについて解説します。

気温の上昇とCO2の因果関係がわからない

1つ目に、気温の上昇は事実であるが、大気の0.04%に過ぎないCO2が地球温暖化の原因になるとは考えにくく、他の要因があるのではないかとの意見です。

今から約1万年前、現代と同じくらいかそれ以上に気温が高い時代が存在しました。一見、氷期(寒い時期)・間氷期(暖かい時期)と呼ばれる自然サイクルが起きているとも取れます。

しかし、気温の変化を振り返ると2万1000万年前から1万年の間は4〜7℃と緩やかな気温上昇であったのに対し、20世紀後半からその10倍ものスピードで気温が上昇していることがわかっています。

これにより、自然サイクルの影響ではなく人間活動が地球温暖化に影響を及ぼしていると考えることができます。

大寒波など寒冷化を感じさせる現象が起きている

二つ目に、世界や日本でも歴史的な大寒波や大雪が起きていることから、温暖化ではなく寒冷化になるのではという意見です。

地球温暖化の影響で雪が減ると考える方もいますが、地域によっては増えることもあります。

温暖化によって海面水温が上昇すると、水蒸気量が増え、気温が上昇すると大気が取り込む水蒸気量が増えます。温暖化によって増えた水蒸気は、強い寒気に出会うと大雪をもたらすことがあり、寒波や大雪が地球温暖化の原因ではないとは言い切れません。

そもそも地球温暖化とは、地球全体の平均気温が上昇するのではなく、平均気温の上昇で予期せぬ異常気象が増え、大きくなることを指しています。

それを考慮すると寒冷化がたびたび起きるのも納得できるのではないでしょうか。

地球は温暖化どころか氷河期になる?

南極

地球のサイクルは現在間氷期で、もうすぐ氷期に移るのではないか説もささやかれていますが、次の氷期は何万年か先だということが科学的に認識されています。

氷期と間氷期が10万年ごとに交互に訪れる理由は、地球が自転する軸が傾き、地球の公転軌道が変化することで、地球に降り注ぐエネルギー量が変動するからです。

現在の間氷期を終わらせるような太陽からの入射エネルギーは、すぐには弱まらないと天文学的な計算で証明されています。そのため近い時期に氷河期が来ることはありません。

それよりも、温室効果ガスが大気に増えることで氷期が訪れない可能性があります。

地球温暖化へ世界で取り組むことが重要

カーボンニュートラル

地球温暖化は進行しており、世界全体でCO2を含む温室効果ガスを削減していかなければなりません。

そこで先進国と発展途上国を合わせた190カ国以上のすべての国が2020年以降の「温室効果ガス削減目標」を定め、日本も2030年までに2013年比で26%削減するという目標を設定したのがパリ協定です。

これは、歴史上初めて先進国と発展途上国のすべての国にとって公平な合意となりました。

パリ協定では世界共通の目標が2つあります。

  • 世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑える努力をする
  • 21世紀後半に温室効果ガス排出を実質ゼロにする

この目標を元に各国が自国の削減目標を5年ごとに提出し、評価を受けたうえで目標を更新します。

企業にとっても地球温暖化対策の重要性は高まる

地球を見る人

地球温暖化は嘘で氷河期がくるとの噂もありますが、近年増加している大寒波や年平均気温の上昇は、CO2を含む温室効果ガスの影響です。

地球温暖化が進行すると災害が増え、大気汚染や洪水・干ばつ・水不足など人々の生活や経済・生態系に影響が出るため、世界ではさまざまな地球温暖化対策が進められています。

日本でも2030年までに2013年比で26%削減を掲げており、達成するためには日本政府と企業が一丸となって、環境に配慮した自動車や製品を生産する取り組みが必要不可欠です。地球温暖化への企業としての取り組みに関心がある企業は、e-dashへご相談ください。