知識

ケミカルリサイクルとは?メリットや課題をわかりやすく解説

ケミカルリサイクルとは?メリットや課題をわかりやすく解説

ケミカルリサイクルは廃プラスチックなどの不燃物やその他のゴミなど「科学的に分解」をしてから再利用するためのリサイクル方法になります。使用済みや廃棄された資源を再度利用することが可能で、エコに繋がり、廃プラスチックなどの原料を再度活用することが可能となります。

 プラスチックや原料をモノマーに戻すことになり、廃プラスチックも、そのまま還元剤として活用することが可能となります。

今現在日本国内の年間のプラスチックの総排出量は、2020年の時点で900万トン近くになるので、ケミカルリサイクルによって「3~5%の資源を再度活用」することが可能となり、ケミカルリサイクルは資源の再利用のため今後とも注目されています。

ケミカルリサイクルとは 

ケミカルリサイクルは原料はモノマー化となり、廃プラスチックを原料とします。またコークス炉化学原料化することで、廃プラスチックを製鉄所のコークス炉で再利用することが可能です。

またガス化により廃プラスチックをガスに変換することが可能で、化学工業でも原料として再度利用することが可能です。

油化は廃プラスチックを油に戻し、再度利用することができます。様々な活用方法やリサイクル方法があり、ケミカルリサイクルは多方面で活用されています。

エネルギーの再活用によって地球環境に配慮することができ、更には資源を無駄にしないので、エコなリサイクル方法です。目的別に合わせて、リサイクル方法を変更することができ、多方面で再利用することができます。様々なリサイクル方法を選択でき、企業の生産現場の状況に合わせた再利用が可能です。

ケミカルサイクルの他にも注目されているリサイクルの種類に「マテリアルサイクル」があります。

そちらについても解説します。 

マテリアルリサイクルとは  

マテリアルリサイクルとは 

マテリアルリサイクルはプラスチックなど物質のリサイクル方法となりますが、サーマルリサイクルは廃棄物を燃やして、その際に発生する熱エネルギーを再活用するためのリサイクル方法です。再度エネルギーとして利用することができ、ペットボトルなどもごみ焼却炉で燃やすことで再度活用することが可能なエネルギーに変換することが可能です。そのためプラ回収でのリサイクル率も高まり、物質だけでなく、エネルギーとして再活用することができます。

サーマルリサイクルにより燃料となると間接的に火力発電所で燃焼される原油を削減したりと活用できるが反面、二酸化炭素などの廃棄物も出るため、環境を環境に配慮した場合、埋め立てるほうが良いという意見もあります。

ケミカルリサイクルが注目される理由   

ケミカルリサイクルは、今後とも資源を大切にし、地球環境にも良い影響が有るというメリットもあり、多くの企業や生産現場において導入されるシステムとして注目されています。

サーマルリサイクルによって、廃棄物を通常のリサイクルやエネルギーリカバリーとして資源化することができます。またその他にも「CO2の排出量を抑える」ことが可能で、サーマルリサイクルは発電効率の上昇等のメリットもあります。

ゴミ資源は技術的に回収が困難なものや再資源化が難しいものがあり、エネルギーとして回収することが可能なケミカルリサイクルは多方面でのエネルギー回収効率が良い手法と言えます。

プラスチックの最製品化なども可能なので、何度もプラスチックを蘇らせて新たな製品に作り変えることが可能な点は製品や商品を開発している企業や現場においては非常に有意義な回収手段となります。

各現場でのエネルギー回収手段として、またはリサイクル対策として各商品の生産現場などで有意義で地球温暖化防止のためにもリサイクル技術が活用されることになります。

ケミカルリサイクルのメリットとは

ケミカルリサイクルのメリットとは

ケミカルリサイクルのメリットは発電効率の向上ができる点が挙げられます。サーマルリサイクルもリサイクル対策として様々な企業や生産現場で導入することができます。

燃料にする場合には、サーマルリサイクルとして取り扱うことができるのでエネルギーとして資源を活用することができる点も大きなメリットです。

ケミカルリサイクルの手法を採択することでプラスチックの燃焼の際にダイオキシンを発生することなく燃焼し、地球環境に優しくリサイクルできます。

完全に分別することができないケースでもそのまま再度リサイクルすることができ、少ない設備投資で実行することができる点も大きなメリットです。

新たな化石燃料を使用せずそのままCO2の排出を抑えることができる点や、熱エネルギーを利用することができるため、効率よくエコに繋げることが可能です。

サーマルリサイクルはその上メタンガスの発生を抑えることが可能となりますが、二酸化炭素の排出も今まで以上に抑えることが可能です。熱エネルギーを再利用することが可能で、ペットボトルなどをごみ焼却炉で燃やして再資源化が難しい廃棄物もそのままエネルギー化することができます。

サーマルリサイクルは今まで技術的にもリサイクルとして回収が難しかったものなども発電に使うことができ、今後はさらなる用途が期待されています。

環境問題を解決するためにも魅力的なケミカルリサイクルはプラスチックごみを減らすことができるため、地球規模でプラスチックごみを削減することが可能です。そのため家庭で出るゴミ等も、分別しておけばすぐに再利用に活用することができます。

各家庭でリサイクルに関心を持つことで、グローバルに環境問題に配慮することができ、今後は各企業や家庭の意識次第でリサイクルが可能となり、エネルギーも物質も無駄にしない生活を送ることが可能です。

ケミカルリサイクルの課題・問題点  

ケミカルリサイクルの課題・問題点  

ケミカルリサイクルは、再度資源の再利用が可能となります。しかしケミカルリサイクルの課題として、少なからずリサイクルの際に二酸化炭素を発生してしまう問題点と、各生産現場での設備投資が必要な点をあげることができます。

また、リサイクルのために必要な設備を各生産現場に導入するまでに時間を要するため、ケミカルリサイクルが浸透するまでに時間がかかる点も課題とされています。

さらに、コストの問題もあり、また廃棄プラスチックの添加物の処理技術の課題もあります。ダイオキシンなどの有害ガスが燃焼時に発生する点に関しては適切に処理をする必要があります。

そのうえ、環境汚染に影響がないようにリサイクルができるかどうか、また設備が大型になったり、導入にコストがかかることも今後の課題です。

導入後には安定的に廃棄プラスチックが確保できるかどうかなども設備を導入する上で検討する必要があります。

ケミカルリサイクルの現状

ペットボトルなども再利用することができるので、資源の節約に使用したペットボトルを再度活用することが可能となります。

処理の過程で再度PET樹脂にすることによって異物の混入なく取り除き、分解することが可能となります。そのため衛生的にも再度、同じ品質でペットボトルと同じ品質のモノを生み出すことが可能です。科学製品を廃プラスチックとしてとしてリサイクルが可能となり、資源を節約することができます。これからケミカルリサイクルの導入を検討する企業や生産現場が増えれば、資源を無駄にすることなく、地球温暖化などへの配慮に繋がり環境問題を解決するためのイノベーションとして注目されています。積極的にリサイクルに関心が有る企業などには有意義なリサイクルに繋がり、資源を無駄にしないで再度活用できます。

またサーマルリサイクルにより、エネルギー不足などの解消にも繋がり、技術的に進化すれば、更なるエコな効果を期待することができます。石鹸や、肥料などもケミカルリサイクルを通じて製品化することも可能です。

企業のケミカルリサイクルの具体事例 

企業のケミカルリサイクルは、サーマルリサイクルによってバイオガス化したり、マテリアルリサイクルによって肥料化したりと様々です。効率よく、廃棄物をそのままリサイクルすることができ、大手のメーカーなども積極的に導入しています。

ミスタードーナツ

中でもミスタードーナツなどの大手の飲食店でもすでに導入していて飼料化に成功しています。プラスチックの再利用のため、売れ残ったドーナツを処理工場にて閉店後に成分調整を行い原料化に成功し、乾燥した飼料に加工し、そのまま家畜の餌としても利用可能としています。

バイオガスは、畜産糞尿を発行し、そのガスを活用することが可能です。バイオガスは燃えやすい気体でそのまま発電にも利用することができます。衛生管理としての向上もあり、バイオガス化を導入してエコな社会貢献が可能です。

松屋フーズ

松屋フーズはリサイクルの手法を採用しプラスチックを完全に分解して炭化水素油を得るこ戸に成功しています。工場に油化の技術を導入し、プラスチック排気率を大幅に減らすことに成功しました。また現場で排出された油も、そのまま工場内で使用する電気の発電に応用しています。

ケミカルリサイクルでリサイクルできないものは、サーマルリサイクルによってエネルギー化することも可能なので、ケースバイケースで資源の再利用が可能な点も各企業が導入しやすく、安定的に廃プラスチックを再利用することができます。

ケミカルリサイクルのために設備を導入する必要があり、コストや処理の問題などまだまだ課題がありますが、経済面でのメリットもあるため盛んに導入しているメーカーはそれなりの恩恵を受けることができます。

大手の飲食店やチェーン展開しているレストランなどが導入することで、大きな規模でのリサイクルが可能となります。またリサイクルを行うとその分の恩恵を受けることができエネルギー問題の解消にも繋がります。

ケミカルリサイクルまとめ

無駄なく排出した資源を再利用することができるケミカルリサイクルは、プラスチックをそのまま原料に戻すことが可能で新たな製品に生まれ変える事ができるリサイクル手法です。多くの大手飲食メーカーがすでに導入していて、プラスチックの他にもサーマルリサイクルによってエネルギーへの再利用も可能となっています。今後とも様々な製品へ再利用することが可能となり、地球環境に配慮したリサイクル方法として注目されています。

弊社の「e-dash」は、脱炭素への取り組みを総合的にサポートするプラットフォームです。エネルギーの最適化からCO2削減まで、貴社の脱炭素経営をトータルにお手伝いします。低コストでスタートできるプランを用意しているため、まずは気軽にお問合せください。