MENU
ビジネス

トヨタが行なっているカーボンニュートラルとは?

トヨタが行なっているカーボンニュートラルとは?

トヨタ自動車では、世界規模での環境保護を目的としたカーボンニュートラルの取り組みが行われています。

この記事ではトヨタが発表したカーボンニュートラルの事例を見ていきましょう。

『トヨタ環境チャレンジ2050』の宣言

『トヨタ環境チャレンジ2050』の宣言

日本を代表する企業であるトヨタ自動車はトヨタ環境チャレンジ2050」を2015年10月に発表しています。このチャレンジは、ゼロへのチャレンジとプラスへのチャレンジの2種類があり、世界に誇る自動車メーカーであるトヨタでも持続可能な社会の実現に向けて新たなチャレンジを続けています。

まず、初めに紹介するのは、カーボンニュートラル実現のためのゼロへのチャレンジです。

ゼロに向けて3つのチャレンジ

もっといいクルマ

1つ目は新車CO2ゼロチャレンジの取り組みを行っています。

具体的には、2050年にグローバル規模で販売される新車平均走行時のCO2排出量を2010年と比べて90%削減する目標を掲げています。また、燃料多様化への対応として、ハイブリッド技術では電気自動車への展開が可能となるコア技術を開発することを進めています。

さらに、水素社会実現に向けてFCVである「MIRAI」は米国や欧州で販売が開始されています。ライフサイクルCO2ゼロチャレンジとして、材料・部品・モノづくりを含めたトータルでCO2排出をゼロにする試みを掲げています。

もっといいモノづくり

2つ目は、工場でのCO2排出をゼロにする取り組みです。2050年にはグローバル工場でのCO2排出をゼロにすることを目標としています。また、低CO2生産技術の開発と導入、日常的なカイゼン二より徹底したCO2削減に取り組んでおり、今後建設する新しい工場と生産ラインでは生産1台あたりのCO2排出量は2001年比で2020年には約半減、2030年に約1/3への削減を目指しています。

トヨタと言えば、カイゼンが有名であるため工場のシンプル化・スリム化などエネルギーを使わずに加工や搬送を行う仕掛けの導入が世界で進められています。

いい町・いい社会

3つ目に日本で培った「適正処理」やリサイクルの技術・システムのグローバル展開に向けて、2016年からプロジェクトを始めています。エコな素材を使うことや部品を長く使う、リサイクル技術を開発、使用済みのクルマからクルマをつくるという4本柱で資源の効率的な利用に取り組んでいます。

そして、次に紹介するチャレンジは、より良い世界実現のための3つのチャレンジです。

プラスにするための3つのチャレンジ

水環境インパクト最小化チャレンジ

各国の地域事情に応じた水の使用量を最小化することと排水の管理を行っています。2030年のマイルストーンとして水環境インパクトが大きいと考える地域から優先的に対策を実施しています。水量では北米・アジア・南アフリカの優先工場を4拠点とし、水質では北米・アジア・南アフリカの優先工場として全22拠点としています。地域社会やサプライヤーとの積極的な対話を実施しています。

循環型社会・システム構築チャレンジ

2050年までには日本で培った「適正処理」やリサイクルの技術、システムを通じてグローバル展開を目指しています。2030年のマイルストーンとして、グローバルな仕組みを構築完了することにより、電池の回収から再資源化を行っています。廃車適正処理のモデル施設を設置することにより、30箇所の設置を完了することを目標としています。

人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ

トヨタ環境チャレンジ2050として、自然保全活動の輪を地域・世界とつなぐことで未来へつないでいくことを目指しています。2030年のマイルストーンとして、国内12カ所と他7カ所で自然と共生する工場の実現を目指しています

カーボンニュートラルを達成するためのトヨタの取り組み

カーボンニュートラルを達成するためのトヨタの取り組み

トヨタ自動車は2021年12月に今後のグローバル市場のおけるバッテリー電気自動車への販売やラインナップ戦略を発表しています。カーボン・リデュース・ビークルとカーボン・ニュートラル・ビークルの2つについて注目されています。

2030年までに世界市場でEVを30車種展開

現在でもガソリン車やハイブリッド車などの100種類以上の車種をグローバル市場において販売されています。

トヨタは日本市場だけではなく、グローバル市場でもEV車のラインナップはありません。トヨや自動車は今後、「bZシリーズ」を各車種におけるEVグレードの設定を進めていくと考えられています。

「beyond ZERO」を意味するEV専用シリーズとして既存モデルにbZシリーズを増やすことで、2030年までにグローバル市場においてバッテリー電気自動車(BEV)を30車種をラインナップすることもトヨタから発表されています。

2035年までに世界市場でEVに完全移行

今後bZシリーズの拡充を発表しており、bZ4Xを含む5車種をお披露目しており、SUVからセダンなどの車種がラインナップされています。bZ4Xはスバルとの共同開発されたSUV車種ですが、イギリス市場では価格を発表しています。

トヨタの高級車ブランドであるLEXUSブランドにおける戦略の取り組みも発表されています。レクサスブランドでははじめにレクサスRZを発表しています。レクサスでは全カテゴリーにおいて2030年にバッテリー電気自動車をフルラインナップさせる計画であり、2035年にはグローバル市場でバッテリー電気自動さを100%とする計画です。レクサスのLFAを継承するスポーツカーをBEVで開発された車種が注目されています。

2050年に全世界のトヨタの工場から排出されるCO2をゼロ

工場のシンプル・スリム化、エネルギー効率向上、エネルギーを使わずに加工や搬送を行う、仕掛けの導入などの新技術の開発を行うことで世界の各工場への導入につなげています。工場での水素利用を目指して水素熱源として利用するための燃焼技術や燃料電池技術のノウハウを生かした発電技術などの水素エネルギー活用技術の開発を推進しています。自社の生産用エネルギーとして利用することを目的として向上に風力発電設備を設置することやバイオマス・水力を利用することで再生可能エネルギーの利用を行っています。さらに2050年にはCO2排出ゼロを目標として環境性や地域性、経済性踏まえて再生可能エネルギーと水素の活用を促進しています。

カーボンニュートラルの実現に向けトヨタが宣言する全方位戦略

カーボンニュートラルの実現に向けトヨタが宣言する全方位戦略

自動車メーカーの脱炭素投資が加速している中で、トヨタ自動車でも全方位的にカーボンニュートラルの実現に向けて動き始めています。トヨタ自動車は電気自動車の世界販売台数目標を引き上げたほか、日産自動車やホンダ、軽自動車メーカーの中でも世界的に急速に進んでいるEVシフトに対応しています。

EVラインナップの充実化

トヨタ自動車では2030年までにはバッテリー電気自動車のグローバル販売台数を、年間で350万台を目標に掲げています。2021年12月14日に「バッテリーEV戦略に関する説明会」に豊田社長が登壇して宣言しています。従来の目標では水素燃料で走行する燃料電池車(FCV)と合わせて200万台というものでした。350万台はトヨタの年間販売台数の3分の1にあたる規模となっており、2021年類型のEVの販売実績は1万5000台弱であることを考えると、大きな数字となっています。

全ての人たちが幸せに暮らし続けることを実現するために、電気自動車やFCVなども1つの選択肢として、多くの選択肢を準備する姿勢は崩していません。スバルとの共同開発をしたシリーズを発表しており、「ゼロを超えたその先へ」を意味するシリーズ名からCO2排出抑制というネガティブインパクトをゼロにするだけではなく、その先の幸せを目指しています。

燃料電池車の開発継続

トヨタでは電気自動車だけではなく、燃料電池車の開発も継続しています。ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車・電気自動車・燃料電池自動車という電動車のフルラインアップ化を推し進めることで地域事情に応じた選択肢を提供しています。これらで培った燃費改善技術やエンジン技術、これらの複合技術の向上により開発と普及推進を行っています。

海外での推進が進められています。アメリカでの物流トラックを投入し、貨物輸送オペレーションでの実証を進めることなど、水素利用の拡大を通じて世界における大気環境の改善に取り組んでいます。様々なパートナーとともに、大気環境改善に向けた研究や取り組みを行っています。グローバル展開と合わせて日本での取り組みも、商用車分野での電動化に向けた取り組みに合わせて燃料電池トラックの導入など、各都道府県などとも連携しながらインフラ連携した社会実装を進めることで普及に向けた取り組みを加速させています。商用車分野でも自動車産業と一枚岩になって輸送業としての課題解決やCO2削減に貢献することになっています。

カーボンニュートラルが求められる背景

カーボンニュートラルが求められる背景

カーボンニュートラルの実現に向けて全世界が取り組んでいます。CO2を出さない・増やさないことを実現するためにトヨタ自動車ではクルマや部品を作る工場で排出CO2をどのように減らすのか、クルマが走るときに排出するCO2をどのようにゼロにするのか世界の企業に求められています。

地球温暖化による環境の変化

温室効果ガスによる問題が地球規模で起こっていますので、温室効果ガスの中でもCO2が占める割合はf全体の76%にも及ぶと言われています。大気中の温室効果ガスは太陽光で暖められた地球上の熱を吸収し、地球の熱が宇宙に逃げることを防いでいます。適切な量の温室効果ガスが大気中にあることで地球の住みやすい環境に保たれている中で、適切な量を必要とします。地表温度はマイナス19度と言われていることで温室効果ガスが必要以上に増えてしまうと温暖化が始まってしまいます。

海面水位の上昇・動物や植物の生息域が変わる・豪雨が増加して洪水の影響が出る・食料安全保障にリスクになるなどの温暖化による影響が増えてくることが考えられます。

【日本】2020年10月に脱炭素社会の実現を宣言

2020年10月26日の菅内閣総理大臣の所信表明演説において、日本での脱炭素社会の実現に向けて宣言を出しています。カーボンニュートラル宣言は、温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味しています。日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてプラスマイナスゼロにすることを目指して産業を変化させることとなります。電力分野・産業分野・運輸業などのどの分野にも影響が出てくることが考えられるため、各企業や国・自治体などにより取り組みが始まっています。

【世界】2015年のパリ協定による採択

2015年にパリにて開かれた気候変動問題に関する国際的な枠組みとなっています。1997年に定められた京都議定書についてさらに踏み込んだ取り決めが行われています。パリ協定では温室効果ガス削減に関する国際的な取り決めを話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)で合意されています。世界55カ国が参加し、世界の総排出量のうち55%以上をカバーする国が批准しています。2016年11月4日に発効され、世界各国の地球温暖化に対する関心の高さが伺えていました。その結果、パリ協定には主要な排出国を含む159カ国・地域が参加し、世界の温室効果ガス排出量の約86%をカバーする協定となっています。

そのほか、世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2度より十分低く保ち、1.5度に抑えるように努力することなどが長期目標となっています。

カーボンニュートラルを達成するための方法

カーボンニュートラルを達成するための方法

パリ協定が目指す数値には待機中に排出される温室効果ガスを2050年には世界全体で実質的にゼロにする必要があると言われています。そのため、カーボンニュートラルと呼ばれる人為的に待機中に排出されるCO2の量と森林などが吸収するCO2の量との間で均衡のとれた状態にする必要があります。

カーボンリサイクル

カーボンリサイクルとは経済産業省が推進するCO2を炭素資源と捉えて再利用することをさしています。大気中に排出されるはずのCO2を多岐にわたる素材や燃料として再利用することで、大気中への排出を減らそうという考え方です。実際の事例では、ウレタンやコンクリートの製造にCO2を使用することやハウス栽培などで設備内のCO2濃度を高めることで生産性向上につながる研究がされています。主な利用先として化学品・燃料・鉱物などが想定されていますが、CO2を利用するときにこの中には大量で安価なCO2フリー水素が必要となることがあります。その生成にCO2が必要なことが問題となることもあります。

カーボン・オフセット

カーボンオフセットとは日常生活や経済活動のいてCO2等の温室効果ガスの排出を森林保護やクリーンエネルギー事業などで埋め合わせを行うことをさしています。カーボンオフセットの中でも品質の高いクレジットへ誰もがアクセスできるようにしているのが、e-dashです。e-dashとサンフランシスコを拠点とするPatchが提供するクレジットのマーケットプレイスを利用することで、日常や経済活動で温室効果ガスを排出していて削減困難である場合にはクレジットの購入で埋め合わせを行います。森林保護や再生可能エネルギーへの投資を行うことでCO2の可視化から削減まで加速させていくことが可能となっています。

トヨタのカーボンニュートラルの取り組みに注目しよう

トヨタでは2050年に向けて「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表しています。カーボンニュートラルを実現させるために自動車メーカーとして技術向上などの目標を掲げています。京都議定書から始まり、パリ協定へと進んでいる世界の環境保全は変化しています。2020年には菅内閣総理大臣による表明もあり、日本国内でも注目度は上がっています。カーボンリサイクルやカーボンオフセットを通して埋め合わせを行う環境も整備されてきており、e-dashなどの企業がマーケットプレイスを準備しています。